見出し画像

起業から丸一年/TurnX第二期スタート

TurnX公式note

TurnX代表の酒井です。
本日、TurnX創業一周年を迎えました!
そして本日より第二期がスタートします。
起業から丸一年たったわけですが、本当にあっという間の一年間でした。
今日はこの一年間を振り返りつつ、第二期に向けた抱負を語りたいと思います。

ちなみにちょうど↓これが一年前に書いたnoteです。

この一年間の感想

本当にあっという間の一年間だったわけですが、
まず第一に言えることは、起業して本当に良かったと思える一年でした。

何故そう思うか。
・シンプルに自分が心の底から解決したいと思える課題に100%向き合えていることが、仕事をしていて嬉しい。常にわくわくする。
・静岡へ移住したい方の転職支援が本当にやりがいある。
 (面談をして、候補者様と話をしている時間がとにかく楽しい。)
・様々な方から応援、期待をいただき、それがエネルギーになる。
・自治体や静岡の大企業からの相談が、地味に嬉しい。(今後ご支援、もしくは協業できそうな種を巻くことができた一年でした。)
・これまで見えていなかった、知らなかった静岡のことを見る、知ることができ、さらに静岡に対する愛が深まった。
・TurnXを起業したことによる、新しい人との出会い。
(本当に様々な方と出会い、お繋ぎいただき、良いご縁となっています。)
・忙しいとはいえ、自分で仕事がコントロールできているので、心身ともに健康(家庭、育児もあるのでホワイトな働き方)。

これ以外にもまだまだ出てきそうですが、自分としては本当に充実した一年でした。(もっともっとやれるなという悔しさもありつつ)

感謝感謝の一年

静岡特化型移住転職エージェントを立ち上げ、おかげさまで毎月、静岡への移住転職のご相談、新規ご登録を頂いております。
現状、有料広告/スカウトDB等は一切使っておらず、SNSや知人紹介で弊社を知って頂き、ご登録を頂いている方がほとんどになります。
↓こちらは弊社の移住転職登録フォームの登録経由です。

TurnX 移住転職希望 登録フォームより

起業してから、ことあるごとにSNS(Facebook、Twitter、LinkedIn)で発信をしてきましたが、シェアをして頂ける方が本当に多く、そのシェアをご覧になって頂いた方や、友人や家族から弊社のことを聞き、登録頂いている方がほとんどであり、本当に多くの方に支えられているなと、とても嬉しく、有り難い限りです。皆様、ありがとうございます!

また、現状この一年間は、静岡県内の企業様への新規営業(アウトバウンド)はほぼしておりません。
すでに50社以上の企業様の支援(人材紹介求人依頼、採用コンサルティング等)をさせて頂いておりますが、そのほとんどは弊社のことをメディアで見て頂いての問い合わせや、採用に困っている企業を様々な方にお繋ぎ頂いたりしてのインバウンドからの取り組みとなっております。
本当に有り難い限りです。ご相談頂いたからには、なんとしてでもお力になりたいと思っています。

無事に初めての決算も締まり、ほっとしています。
あとは納税するだけ!
(経理まわりは税理士さんに依頼せず、全て自分で行いましたが、かなり勉強になった一年でした)

創業一年目のまとめ

収益

ビジネス構造上、販管費はほぼかからず、大きくかかるのは人件費と交通費くらいであるため、初年度から黒字決算となりました。
※毎週のように東京↔静岡間を行き来していたので、予想以上に交通費(新幹線代)がかかりましたが。

顧客(法人)

先程述べましたとおり、たくさんの企業様から採用ご相談の問い合わせを頂きました。
人材紹介のご依頼が多いのですが、
・採用/人事顧問 :3社
・採用代行(RPO):3社
と企業の中からご支援させて頂いている企業様も増えております。

静岡県全域の企業様を顧客対象としておりますが、
エリアとして最も多いのは「静岡市」、次いで「浜松市」「三島市」となっております。

顧客(個人)

こちらも想定していた以上のご相談、新規ご登録を頂いています。
どんな層のご登録が多いのか、今日はご紹介したいと思います。

年齢層
まず年齢についてですが、弊社のご登録者は皆さん「静岡への移住を検討している」方になります。
そして、「結婚を機に移住を検討」もしくは「子供が生まれたことを機に移住を検討」という方が7割以上を占めます。
結果として、ライフイベントを迎える20代後半〜30代前半が登録者が多い状況です。
※40代の方のご登録もありますが、弊社が静岡への副業マッチング支援をしているため、40代の方は移住というより、副業希望の方の登録になります。

TurnX 移住転職希望 登録フォームより

業種/職種
業種と職種については、まだ傾向という傾向がなく、
偏りなく、様々な業種、職種の方にご登録を頂いております。

移住検討タイミング
移住検討タイミングについては、下記グラフのとおり直近3ヶ月以内で検討されている方も4割ほどいるのですが、半数以上が「1年以内」もしくは「未定」という方で、通常の転職エージェントよりも、かなり長いスパンをかけてご支援をしております。
「転職」だけではなく「移住」も伴いますので、長期化するのは当たり前の話ではあるのですが、弊社の場合、自己分析や移住エリア検討等の準備にかなりの時間をかけますので、面談する回数も多いのが特徴です。

TurnX 移住転職希望 登録フォームより

取り上げて頂いたメディア数

正直ここまで取り上げて頂けるとは思っていませんでしたが、
静岡の地元メディア中心に取り上げていただき、その結果、企業と個人の問い合わせもかなり増えました。
改めてPR、ブランディングの大事さを噛み締めつつ、取り上げて頂いたメディア様へ感謝感謝の1年でした。特に静岡新聞掲載の影響力は物凄かったです。

WEB:31件(うち、PRTIMES経由27件)
新聞:1件
ラジオ:1件
情報誌:2件
オンラインイベント:2件

第二期に向けた抱負

この一年間やってみて、やるべきこと、事業としての勝ち筋が徐々に明確になってきました。(明確になったというより、想定していた仮説がやってみて、当たっていたということが多かったです。)
その上で今期は、さらに攻めにいきたいと思います。具体的には下記事項に力を入れていきます。

1.仲間集め

現在も業務委託として力になってくれている心強い仲間がおりますが、
今期はさらに、一緒にTurnXの事業を推進していただける仲間集めに力を入れていきます。
というのが、法人企業件数、個人登録相談件数を加味すると、今の人数で限界であり、これ以上ご相談を頂いてもお断りしなければいけない状況となっております。
これから事業拡大をしていく上で、同じく静岡を盛り上げていきたいという仲間が必要です。

まずは副業(業務委託)からという方でも歓迎です!
少しでも興味ある方は下記問い合わせフォームよりご連絡ください。

2.コンテンツマーケティング強化

TurnXのマーケティング戦略として、決めていることは、
個人(移住転職希望者)集客について、有料広告は一切やらないということです。
というのも、静岡への移住について顕在化している方はほとんどいません。もちろんそんなコミュニティ、データベースもありません。

一方で、静岡への移住について潜在的に考えている、興味があるという方は増えています。
弊社の顧客ターゲットは、静岡移住潜在層になります。

潜在的に静岡への移住について考えている、興味を持っているという方に漏れなくTurnXを知っていただくためにも、
・SNSマーケティング
・コンテンツマーケティング
・PR/ブランディング
を軸に、個人集客を伸ばしていきます。

その中でも今期は、コンテンツマーケティングに力をいれます。
具体的には今読んで頂いている、TurnX公式note上のコンテンツを増やしていきます。

3.自治体との連携

静岡県への移住に関して、この一年間も各自治体からご相談を頂いたり、お話をさせて頂きましたが、お互いに「一緒になにかやれたら良いですね!」で終わっています。

また、いろいろお話を聞いた中で思うことは、自治体も静岡の大手企業も目指している方向性は一緒なのに、全く連携せずに独立した動きをしてしまっていることが課題だと思っています。
今後地方を盛り上げるためには自治体と地元企業、第三セクターが一枚岩となって、移住転職の施策を推進できるかどうかが鍵になります。
まずは、弊社TurnXが自治体と連携し、そして地元静岡の企業を巻き込み、官民一体となって移住・定住施策を推進する架け橋的な役割を担っていきたいと思っています。

最後に(noteを読んでいただいた方へお願い)

上述の通り、これからコンテンツマーケティングを強化していきます!
このTurnX公式note上のコンテンツを増やしていきますので、
是非このnoteを読んで頂いた方には、フォローをして頂けたら嬉しいです!

第二期も誠実に顧客と向き合いながら、精一杯頑張っていきます!
皆様、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

2022年9月1日 株式会社TurnX 代表取締役 酒井優一

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでも情報発信しています!是非フォローしてください!

TurnX公式note
株式会社TurnX(ターンエックス)の公式noteです。VISION『静岡を盛り上げ、動かす。』 MISSION『静岡への移住転職ムーブメントをつくる。』静岡特化型移住転職エージェント 静岡移住、静岡県企業の企業情報、求人情報、転職事例、移住事例について発信していきます。